午後も検査対応可能

〒704-8175 岡山県岡山市東区益野町251-1

お問い合わせフォーム
TEL:086-943-9191
初診の方受付システム

岡山市、内視鏡、胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸内視鏡検査、糖尿病、大西内科消化器科医院

NBI内視鏡システム

予防接種 特定健康診査及び がん検診 クリニックで行う内視鏡ドッグ おかやま薬局 当院の4つの魅力 MAIL お問い合わせ

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

NBI内視鏡システムとは

当院ではNBI(Narrow Band Imaging:狭帯域光観察)と呼ばれる特殊な光を用いることができる内視鏡検査を採用し、診断と治療を行っています。

NBIシステムとは、粘膜表面の毛細血管の変化を観察するシステムで、「早期がん」の発見に有用です。

また、病理診断にも有用で世界的にも注目されており、内視鏡診断を飛躍的に向上させた画期的なシステムのひとつです。

がんやポリープ等の腫瘍は、まず粘膜表面の毛細血管が増える、拡張するといった血管の変化が表れるので、通常の内視鏡観察では発見が難しいような病変もNBIにより発見しやすくなり、小さな胃がん・大腸がん・咽頭、喉頭がんや食道がんも見つけることができます。

当院ではこのNBI内視鏡システムを使い、安全で精度の高い検査をさせていただいておりますので、安心して検査に臨んでいただけます。



 

   

NBI画像について

415nmと540nmでは粘膜組織への伝播深度が互いに異なります。このことが血管の走行状態の描写能力にさらなる効果を与えます。415nmの狭帯域光は粘膜表層の血管像を茶系の色調で、540nmの狭帯域光は表層下の血管像をシアン系の色調で描写します。この色の違いによって、血管の走行状態のより豊かな表現が可能となります。

 
PAGE TOP