午後も検査対応可能

〒704-8175 岡山県岡山市東区益野町251-1

お問い合わせフォーム
TEL:086-943-9191
初診の方受付システム

岡山市、内視鏡、胃カメラ、経鼻内視鏡、大腸内視鏡検査、糖尿病、大西内科消化器科医院

経鼻内視鏡検査

予防接種 特定健康診査及び がん検診 クリニックで行う内視鏡ドッグ おかやま薬局 当院の4つの魅力 MAIL お問い合わせ

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

検査の対象になる方


内視鏡写真
(上 経口内視鏡 下 経鼻内視鏡)

経鼻内視鏡検査(鼻からの内視鏡)は、上部消化管(食道・胃・十二指腸)の検査の必要がある場合に行います。
上部消化管の症状としては、胸焼け・心窩部痛(空腹時・食後など)・吐き気・食後の不快感などになります。このような症状があったり、バリウムによる胃検診の後の精密検査などの場合に内視鏡検査を行います。
一般的には、経鼻内視鏡検査は咽頭反射などの内視鏡検査を敬遠されがちな反射が経口内視鏡(口からの内視鏡)よりも少なく初めての方でも比較的楽に検査が受けれる事が特徴です。
しかし、ポリープ切除や悪性病変の観察・治療などの処置や特殊な場合には、経鼻内視鏡検査では対応できませんので、経口内視鏡検査になります。検査の前に、十分に説明させて頂き、同意をいただければ検査を行います。

麻酔の方法

経鼻内視鏡検査に限らず、内視鏡検査では検査前の麻酔は非常に重要です。患者様がスムーズに検査を受けていただけるかどうかにおいて、麻酔の役割は非常に大きいと思います。
当院では、検査室に入って頂きまず胃の中を綺麗にする液体を内服して頂きます。その後、鼻腔粘膜の腫れや充血をとるスプレータイプの前投薬を検査側の鼻に投与します。
その後、麻酔液を塗った細くて柔らかいチューブを鼻から挿入します。この処置を3段階に分けて行い、徐々に太いチューブで麻酔をかけて内視鏡の通過状況を良くしてから、検査を開始致します。

検査時の方法

担当看護師の誘導のもと、検査台に左側臥位(左下)になって頂きます。医師がゆっくりと説明しながら、検査進行していきますので、ご安心ください。麻酔のかかった鼻より内視鏡をゆっくり挿入していきますが、患者様の前面にモニターがありますので、余裕があればご覧頂きながら検査を進めていきます。
苦手な方は、目を閉じられたまま検査を行う場合もありますが、患者様のお好きなようにして頂きます。鼻腔を通過し、食道・十二指腸・胃の観察をしていきます。精密検査が必要な病変があった場合、青色の色素を散布して観察したり、組織を採取して顕微鏡での観察を行う場合があります。
特に処置などなければ、検査時間は概ね5分程度で終了します。検査中も経口内視鏡と異なり、会話ができますので気になる事があれば医師に伝える事ができますのでご安心ください。

当院での内視鏡検査の特徴

当院では、患者様の要望にできるだけお答えしたいと考えています。以前の内視鏡検査での困った事や、不安など何なりとご相談ください。できる限りの対応をさせて頂きます。
また、仕事の関係で午前中はなかなか来れないような方にも検査提供をしたいと考えています。
通常内視鏡検査は、当院でも午前に行っておりますが、午後の診察の時間帯にも検査を行っております。お食事に関しての注意として、朝食は軽く食べて頂き昼食を絶食にしていただければ、午後でも検査の対応を致しますので、ご希望の方はご相談ください。

PAGE TOP